FullSizeRender

LGエレクトロニクス・ジャパンは9月13日、世界初の88V型 8K対応有機ELテレビ「OLED 88Z9PJA」の受注販売を開始した。価格はオープンで、実売価格は330万円前後を見込む。納期は受注から3カ月前後を予定している。

世界最大となる、8K(7,680×4,320ドット)の88V型有機ELパネルを採用したテレビ。LGのプレミアムブランド「LG SIGNATURE」モデルとして展開する。同社では「技術的に難しいとされてきた8K対応の有機ELテレビを、大型有機ELパネルを量産できるLGグループだからこそ実現した。最先端であり、最高画質の製品」とアピールしている。日本では今秋発売が予告されており、今回正式な発売日や価格、詳細が明らかになった。

地上/BS/110度CSチューナーを3基、BS 4K/110度CS 4Kチューナーを1基搭載し、外付けHDDに2番組裏録が可能。最大同時3台の外付けHDDが利用できる。8Kチューナーは内蔵していない。

HDMI入力は4系統で、8K入力にも対応し、HDMIケーブル1本で8K出力できる外付けチューナーなどを別途用意することで8K放送を受信・視聴できる。HDMIケーブルを4本使って8Kを表示する方式には対応しない。

USBメモリーなどに保存した8Kコンテンツを観るには、12月以降に別途発送する「8Kアップグレーダー」が必要。インターネット経由で直接8Kコンテンツを観るには、前述の「8Kアップグレーダー」に加えて、2020年以降に実施予定のソフトウェアアップデートも必要。
【LG 世界初8K対応の88V型有機ELテレビ受注開始、約330万円】の続きを読む