最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       
    ライブドアブログ教育実習サポートガイドー提供中

    初心者の方でもサポートガイドの通りに進めていけば、すぐにでも一つ目の記事まで書けてしまいますよ。
    またカスタマイズも自由度が高く中級者、上級者の方でもきっと満足して頂けると思います。記事作成から広告作るまでサポートしております。

    詳しくは管理者にお問い合わせください。

    タグ:米

    wor1909150013-p1
    米エネルギー省は14日、緊急時のため備蓄している石油を放出する準備があることを明らかにした。サウジアラビア東部の国営石油施設が攻撃されて生産の一部が停止し、供給不安が生じる可能性があるため。
    ロイター通信によると同省のペリー長官は、国際エネギー機関(IEA)と協調して対応策を検討する意向を示した。

     米政府が南部テキサス州などに確保している「戦略石油備蓄(SPR)」について、米エネルギー省の報道担当者は、「原油市場の混乱を相殺するため必要になれば、SPRから原油を放出する用意がある」と同通信に話した。

     SPRは米国での約1カ月の消費分に相当する約6億4500万バレルを備蓄している。ペリー長官は同省幹部に対して、原油の安定確保のための国際的な共同対応策に向け、IEAと協力するよう指示した。

    こちらもおすすめ!

    IMG_4613

    ポンペオ米国務長官は14日、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの施設2カ所が同日、無人機の攻撃を受けたことに関し「イランが世界のエネルギー供給(源)に大規模な攻撃を仕掛けた」と非難した。トランプ大統領はサウジのムハンマド皇太子と電話会談し、サウジの自衛を支援する考えを伝えた。

    ポンペオ氏はツイッターへの投稿で「イランがサウジへの100回近い攻撃の黒幕」と決め付け、ロウハニ大統領らは外交に取り組む姿勢を見せるふりをしていると主張した。

    こちらもおすすめ!

    IMG_4565

    トランプ米大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。

    日本でも電子たばこは販売されている。米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。

    電子たばこは、風味の付いた液体を、電池を内蔵した専用器具で加熱し、発生した蒸気を吸い込む嗜好(しこう)品。ガムやメンソール風味といった「フレーバーたばこ」の中にはニコチンを含まないものもあり、未成年者の間で流行している。

    こちらもおすすめ!

       FullSizeRender

    トランプ米大統領は23日、中国からの輸入品に追加関税を課す制裁関税「第4弾」で、税率を10%から15%に引き上げるとツイッターで発表した。2500億ドル(約26兆円)分に対する既存の制裁関税も、10月1日に税率を25%から30%に引き上げる。中国政府が制裁第4弾への報復を発表したのを受けた対抗措置だ。

    トランプ氏は中国で事業を展開する米企業に対し、中国から撤退することも求めた。米中間で制裁と報復の連鎖が泥沼化しており、世界経済への打撃は必至だ。

    トランプ氏は「貿易不均衡を正さなければならない」と強調した。

    (出典 matome.naver.jp)


    こちらもおすすめ!

         FullSizeRender
         FullSizeRender

    トランプ米政権は1日午前0時1分(日本時間午後1時1分)に、テレビや衣服、靴など中国からの輸入品約3200品目、1120億ドル(約12兆円)分に追加関税率15%を課した。制裁措置「第4弾」の一部で、残りは12月15日に発動する。中国は米国からの輸入品約750億ドル分に最大10%の追加関税を課す報復措置の一部を実施した。

     米中両国は制裁と報復の応酬が続く経済「冷戦」に本格突入し、世界経済の減速に一段と拍車を掛ける恐れが高まった。

     米政権は第4弾の一部先送りなど硬軟両様で揺さぶりを掛けるが、中国は圧力に屈しない長期戦の構えだ。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ