FullSizeRender

サウジアラビア国営通信によると14日、東部にある国営石油会社「サウジアラムコ」の石油施設2カ所がドローンによる攻撃を受けて激しく炎上しました。サウジアラビアと対立しているイランが支援するイエメンの反政府武装組織「フーシ派」が「ドローン10機で攻撃した」との犯行声明を出しています。


サウジアラビアのエネルギー相は、攻撃による火災で一日の石油生産能力の約半分にあたる570万バレル分の生産が停止したと明らかにしました。世界の一日の生産量の5%程度に相当し、今後、世界の原油市場にも大きく影響する恐れがあります。

(出典 matome.naver.jp)