FullSizeRender

《東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判の判決公判は、8歳年上の元夫、雄大(ゆうだい)被告(34)=同罪などで起訴=からどの程度の心理的影響があったのか、裁判官による説明が始まった。弁護側が、雄大被告から心理的DV(ドメスティックバイオレンス)を受け、「強固な心理的支配下にあった」と主張していたためだ》

 《優里被告が結愛ちゃんに対して苛烈(かれつ)な食事制限などを行い、必要な保護を与えなかった点について、判決では「看過できない雄大からの心理的影響があったと認められる」とする》

 裁判長「雄大からの心理的DVの影響により被告人が雄大の意向に従ってしまった面があることは、量刑上、適切に考慮すべきである」

 《しかし、判決ではそうした状況下にあってもなお、優里被告が雄大被告の虐待から結愛ちゃんの苦痛を和らげようとした行動について言及する》

 《雄大被告に暴力を振るわないように言う、離婚を切り出し抵抗する、早起きの課題をごまかしてやる、体重が増えない限度で食事を与える…。優里被告は、そうした行動を取っていたとされる》

 裁判長「(優里被告は)雄大の言動で受け入れられないことがあった場合に、自らの意思に基づいて行動することができていたといえる。従って、雄大からの心理的DVにより逆らいにくい面はあったにせよ、最終的には、自らの意思に基づき指示を受け入れた上で、これに従っていたと評価するのが相当である」

 《そして、こう結論づけた》

 裁判長「弁護人が主張するように、被告人が雄大により心理的に強固に支配されていたとまでは言えない」

 《結愛ちゃんは心肺が停止するまで一度も医療措置を受けさせてもらえなかった。優里被告は公判で、雄大被告から報復を恐れたとの趣旨の証言をしている》

 《しかし、判決が指摘するように、優里被告は雄大被告の言動に対して消極的な抵抗を試みている》

 裁判長「(報復が)被害児童の重篤な状態を知ってもなお医療措置を受けさせようという動機を形成することが困難であったといえるほどに切迫したものであったとは認められない」

 《裁判長はこうした状況を踏まえ、結論へと言葉を続ける》

 裁判長「雄大の意向に正面から反しない範囲ではあるが、被害児童の苦痛を和らげようとする努力は行っており、不保護の場合でも、添い寝をしながら看病をしており、全く放置したわけではないことからすれば、検察官が主張するような極めて強い非難が妥当する事案とまではいえない」

 「そして、このような犯情に加え、被告人は、わが子を死に至らしめたことを深く悔やみ反省していること、雄大とは離婚し、被害児童の弟の親権者となっており、今後その子を扶養すべき責任を負っている」

 《裁判長はそれらの理由を列挙した上でこう締めくくった》

 「主文の刑(懲役8年)が相当であると判断した」

 《うつむく優里被告の表情は黒い髪に隠され、伺うことができない》

 《「その場所でいいから聞いてください」。裁判長がそう語りかけると、優里被告は小さくうなずいた》

 裁判長「結愛ちゃんは戻ってきません。裁判が終わってもしっかりと考えて、人生をやりなおしてください」

 優里被告「はい…」

 《静かな声でそう応えた優里被告は、刑務官にうながされ、足早に法廷を後にした》