resize (20)安全運航をしなければならないはずの旅客機から、このほど凍結した遺体が落下した。その際、日光浴をしていた男性に直撃する寸前だったいう信じがたいニュースがイギリスから飛び込んできた。『Mirror』『BBC News』などが伝えている。

英ロンドン南部のクラパムにある民家の庭で先月30日の午後、日光浴をしていたジョン・バルドックさん(John Baldock)は一瞬にして恐怖に襲われることとなった。



空からなにかが降ってきて、彼がいた場所から僅か3フィート(約1メートル)離れた芝生と歩行セメントブロックのあるところに落下したのだ。

その物体はなんと人の亡骸で、ものすごい音を立てて頭から地面に激突した。遺体は凍っていたため庭の至るところに血が飛び散ったが、大きな損傷は見られなかったそうだ。しかし万が一ジョンさんに激突していたら、命の保証は無かったものとみられている。

ジョンさんは警察に通報し、後の調べによりこの遺体はケニアの首都ナイロビから英ヒースロー国際空港間の4,250マイル(約6,839キロ)、約9時間を航行中のケニア航空の旅客機「ボーイング787ドリームライナー」から落ちてきたものと判明した。

遺体は青いシャツとデニムのジーンズを身につけており、上空3,500フィート(約1キロ)の高さから落下したとみられ、落下地点からヒースローまでは21キロほど離れていた。

また旅客機の車輪の格納庫から水や食べ物、バッグが見つかったため、遺体の人物はそこに隠れていたようだが、着陸態勢に入る頃に車輪の格納庫が開いたことで落下したもよう。その時点で既に死亡していた可能性が高いとのことだ。

当局によると遺体の人物は密航者の可能性が高く、空港内を自由に行き来できたことも考慮すると空港職員である可能性も否めないという。

ちなみに第一発見者のジョンさんはあまりにもショックが大きかったようで、借家だったその家を出て実家に戻ったとのことだ。

(出典 matome.naver.jp)