FullSizeRender

交通上のトラブルから男性を殴ってけがをさせたとして、岐阜県大垣市の男が傷害の疑いで逮捕された事件で、複数の防犯カメラに、2台の車の様子が映っていたことが分かりました。

23日に送検された大垣市八島町の会社員・林陽一容疑者(42)は今月3日夜、安八郡の町道で、自営業の男性(52)が運転する乗用車の進路をふさぐように車を止めて乗用車の運転席のドアを開け「なめとるんか」「殺すぞ」などと因縁をつけ、男性の顔を複数回素手で殴ったうえ、胸ぐらや髪の毛をつかんで車から引きずり降ろし、男性の首に全治1週間のけがをさせた疑いがもたれています。林容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しています。

その後の取材で、林容疑者の乗った車が映っている防犯カメラの映像が複数あったことが分かりました。

警察は、あおり運転を含め何らかの交通トラブルがあったとみて捜査を進めています。

(出典 matome.naver.jp)