シノケングループ、記念株主優待の実施で100株保有 時の配当+優待利回り6%超に! 通常は優待の対象外 の「100株」でも記念株主優待でQUOカードがもらえる | ニコニコニュース



 株式会社シノケングループが「QUOカード」の記念株主優待を実施することを、2019年8月19日15時に発表した。

 シノケングループの記念株主優待は、2019年12月末、2020年6月末、12月末の3回に渡って実施され、内容は「100株以上の株主に、保有株数と継続保有期間に応じて1000~1万円分の『QUOカード』を贈呈」というもの。

 なお、シノケングループの通常の株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「500株以上の株主に、保有株数と継続保有期間に応じて10005000円分の『QUOカード』を贈呈」となっている。

 シノケングループが記念株主優待を実施する理由は、「このたび2020年6月をもって創業30周年を迎えるに際し、記念優待を実施することといたしました。記念優待は、株主還元策の一環として、より多くの株主様に、そして、リーマンショックなど、この30年間で当社が困難に直面した時期も、長期に亘って当社と苦楽を共にしてきて下さった株主様へ感謝の意を表したいとの想いから、実施するものであります」とのことだ。

 この理由にあるとおり、記念株主優待では「より多くの株主」を対象とするということで、通常の株主優待では500株以上の株主を対象としているところを、記念株主優待では100株以上の株主から対象となっている。また、「長期に亘って当社と苦楽を共にしてきて下さった株主」を対象とするということで、2020年6月分の記念株主優待については「10年以上の継続保有」という条件を満たす株主のみが対象となる。

シノケングループの記念株主優待の詳細

■シノケングループの記念株主優待の詳細
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
2019年12月 100以上 QUOカード1000円
500以上 QUOカード2000円
(※従来の株主優待のQUOカード
  1000円分を含む)
1000以上 3年未満 QUOカード3000円分
(※従来の株主優待のQUOカード
  2000円分を含む)
3年以上
10年未満
QUOカード6000円分
(※従来の株主優待のQUOカード
  5000円分を含む)
10年以上 QUOカード1万円分
(※従来の株主優待のQUOカード
  5000円分を含む)
2020年6月末 100以上 10年以上 QUOカード3000円分
500以上 10年以上 QUOカード5000円
1000以上 10年以上 QUOカード1万円分
2020年12月 100以上 QUOカード1000円
500以上 QUOカード2000円
(※従来の株主優待のQUOカード
  1000円分を含む)
1000以上 3年未満 QUOカード3000円分
(※従来の株主優待のQUOカード
  2000円分を含む)
3年以上
10年未満
QUOカード6000円分
(※従来の株主優待のQUOカード
  5000円分を含む)
10年以上 QUOカード1万円分
(※従来の株主優待のQUOカード
  5000円分を含む)
■シノケングループの通常の株主優待の詳細
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
12月 500以上 QUOカード1000円
1000以上 3年未満 QUOカード2000円
3年以上 QUOカード5000円

シノケングループの記念株主優待の利回りは?

 シノケングループ2019年8月19日時点の終値は823円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※保有期間は3年未満で、年2回、株主優待を受け取るものと仮定)。

100株・3年未満保有の場合)
 投資金額:100株×823円=8万2300円
 優待品:QUOカード2000円
 株主優待利回り=2000円÷8万2300円×1002.43%

500株・3年未満保有の場合)
 投資金額:500株×823円=41万1500円
 優待品:QUOカード4000円分
 株主優待利回り=4000円÷41万1500円×1001.21%

1000株・3年未満保有の場合)
 投資金額:1000株×823円=82万3000円
 優待品:QUOカード6000円分
 株主優待利回り=6000円÷82万3000円×1000.97%

 シノケングループの記念株主優待は、個人投資家からの注目度が高い「QUOカード」。保有期間が10年以上の株主にとってかなりお得な記念株主優待であることは間違いないが、通常は株主優待の権利を獲得できない100株の株主で、保有期間が3年未満の場合でも、2019年12月末と2020年12月末の2回分「QUOカード」が受け取れて、株主優待利回りが2.43%にも達する。シノケングループの配当利回りは3.65%なので、100株保有時の配当+株主優待利回りは6.08%と、かなり高い水準になる。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 今回の記念株主優待の発表後、SBI証券の夜間取引(PTS取引)ではシノケングループの株価が一時、当日の終値823円から37円も高い860円(+4.49%)を記録しているので、明日以降の値動きにも注目しておこう。
【※関連記事はこちら!】
⇒夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介!株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

 シノケングループは福岡に本社を置き、個人向けの投資用アパートの販売などを手掛ける企業。2019年12月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高19.2%減、営業利益27.4%減、経常利益25.2%減、当期純利益24.5%減。

■シノケングループ
業種 コード 市場 権利確定月
不動産業 8909 JASDAQスタンダード 記念優待:2019年12月末・
2020年6月末・12月

通常の優待:毎年12月
株価(終値) 必要株数 最低投資金額 配当利回り
823円 100 8万2300円 3.65%
※株価などのデータ2019年8月19日時点。最新のデータは上のボタンクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。
シノケングループは投資用アパートの販売などを手掛ける企業。


(出典 news.nicovideo.jp)