最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       

    カテゴリ: 芸能ニュース速報(男性)

    resize (5)10代後半~20代前半女性から圧倒的な支持を集め、自他ともに認める“クズなRockStar”、として、既存の概念を超えた独自の音楽性に加え、とにかく稼いで、モテまくる男として、メディアへの露出も急増中のt-Ace(ティーエース)。そんなt-Aceが9月11日リリースの「ヘタクソなLove」に続き、2か月連続となるNewSingle「Sweet 19 Blues~オレには遠い~」をリリースする。

    画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193390/LL_img_193390_1.jpg
    Sweet 19 Blues オレには遠い~_ジャケット

    t-Aceオフィシャルサイト: https://t-ace.love/

    「Sweet 19 Blues~オレには遠い~」は、昨年引退した安室奈美恵さんが1996年にリリースした名曲「SWEET 19 BLUES」を海外ではメジャーな手法ながら日本ではあまり例をみない‘サンプリング’を採用し、伝説の歌姫の大ヒットソングに新たな命を吹き込んだ楽曲。

    HOOKは安室奈美恵さん最後のアルバム「Finally」で再録音された「SWEET 19 BLUES」の原曲を使用。VERSEは19歳のt-Aceが感じた理想と現実の遠さ、そして今でも心に残る当時の想いをt-Aceらしいリアルな言葉で綴ったもので、このHOOKとVERSEが見事な調和を奏で、彼自身の最高傑作となり得る楽曲に仕上がった。 【令和の“クズなRockStar”t-Aceが平成の歌姫 安室奈美恵の引退後初フューチャリング楽曲を発売】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    resize (4)
    人気アイドルグループ・King & Princeが13日、東京・渋谷のNHKホールで行われた『SONGS OF TOKYO FESTIVAL 2019』の公開収録に出演。メンバー自身のプロデュース・演出による15分のスペシャルメドレーを披露し、歌唱した4曲中、1曲は全編英語に挑戦した。

     スペシャルメドレーのタイトルは「Journey 2 us, us 2 Johnny & 2 the world」。7月に亡くなったジャニー喜多川さんの夢だった海外進出。その夢を「君たちにしてほしい」と託されたのが、キンプリだった。世界160の国と地域で放送される同番組のために、今回の15分に及ぶノンストップスペシャルメドレーを披露する。

     これまで舞台でジャニーさんと6人が一緒に作ってきたという「和」を取り入れた演出あり、メンバーが「海外への第1歩だと考えている」というダンスナンバーあり、と見応えたっぷり。現時点でのキンプリができる精一杯のパフォーマンスで広い世界に向けた第一歩を踏み出した。

     ステージを終えて楽屋に戻ってきたメンバーに、全編英語で歌ってみた感想を聞くと、「シビアでした。すごくシビアでした」(神宮寺勇太)。「ちゃんと意味がわかる英語で歌えているかな?っていうところですね。日本語にはない舌の動き、唇の動きがあるから難しかったですね」(平野紫耀)と、「難しかった」という点で大きくうなずき合った5人。 【King & Princeが世界に向けてノンストップスペシャルメドレー 「海外への第1歩」】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    FullSizeRender

    TOKIOの国分太一(45)が6日のTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に出演。関ジャニ∞の錦戸亮(34)がグループを脱退し、9月末でジャニーズ事務所を退所することについてコメントした。

    国分は、関ジャニ∞メンバーの丸山隆平の「こういうことを全部含めて関ジャニ∞なので、これからも一緒にいてくれたらな、と思います」というコメントに触れ、「丸山らしいなと。(グループを)存続することの難しさもたぶんあると思うんですよ。話を聞いてるとやっぱり解散というワードも出てきたらしいんです、グループの中では。で、いろいいろと話し合いながら存続という道を残った5人が進んでいくということで、僕はここにも評価したいなと思うし、今後の関ジャニ∞にも期待したいなと思う」と話した。

    錦戸は5日にファンクラブサイトで「9月末日をもちまして、21年間お世話になったジャニーズ事務所を退所させていただく運びとなりました」とコメント。今後について「僕なりの形で、僕なりのエンターテインメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるよう努めていきたい」と表明した。残るメンバー5人はファンクラブサイトにビデオメッセージをアップし、活動を続けることを表明した。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

        FullSizeRender

    4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」のボーカル・鬼龍院翔(35)が、19日放送のTBS系「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議SP」(月曜・後7時)に出演。驚きの貯金額を明かした。

    高嶋を超えるせっかち芸能人のコーナーに登場した鬼龍院は「せっかち過ぎて、無駄な時間が許せない」と自身の性格を披露。ライブでのアンコールは「待ちの時間が無駄」ということで、3秒で再登場するという。

    さらに将来の老後について質問された鬼龍院は「考えていない方」と明かしつつも、「2億(円)たまったら、自由に、無鉄砲に生きようと思っていた。2億って平均生涯年収で、2億稼げれば、僕がいきなりこの仕事がなくなっても、高円寺あたりのワンルームで生きて生きるかなって計算した。貯金が2億(円)たまったんで。自由にのびのび生きれるんだな」とさらりと貯金額を暴露した。

    驚きの貯金額にスタジオはシーン!。その貯金の裏にある徹底的に無駄を省いた生活などが紹介された。

    ゴールデンボンバーは「女々しくて」でブレイクし、2012年から4年連続でNHK紅白歌合戦に出場した。

    (出典 matome.naver.jp)


    こちらもおすすめ!

        FullSizeRender

    俳優小泉孝太郎(41)が7日、東京・神谷町のテレビ東京で、弟・進次郎衆院議員(38)と滝川クリステル(41)の結婚について取材に応じた。

    小泉純一郎元首相への報告も6月だった。そこには孝太郎も立ちあった。「父は喜んでいました。初めてみんなで会った時に僕が『こうやってファミリーになるんだとね』と言うと何も言えず、こみ上げるものがあったみたいです。父はおじいちゃんにもなるので、進次郎が父親になるという涙とクリステルさんへの感謝の涙だと思います」と振り返った。

    政治家の妻になる滝川に対して、兄としての言葉も贈った。「政治家と結婚するとは思っていなかっただろうし、不安しかないと言っていたので、『思った通りにやってください』と伝えた。『お兄さんに言葉ホッとします』と言ってくれました」と話した。兄として「僕が言うのも本当におこがましいけど、申し分がない方なので、進次郎と今までのクリステルさんでいて欲しいです。2人らしい形を作っていって欲しいです」とエールを送った。

    滝川のおなかには新しい生命が宿っている。「楽しみです。早くかわいがりたい。普通のパパ、ママは大変だと思うので、僕が少しでも力になれればと思っています」とほほ笑んだ。

    2人はお互いをどう呼び合っているのか。兄孝太郎が明かした。「クリステルさんは“進ちゃん”で、進次郎はクリステルさんの日本名があるので、それで呼んでいます」と話した。

    弟に先を越される形になった。「そういう流れになりましたね」と笑い、「家族会議でいろんな段取りをしていて、気持ち的には僕も結婚した気分でおなかいっぱいの錯覚をしています」と語った。

    進次郎衆院議員は滝川がタイプだと確信している。「兄弟なので、タイプだと分かる。タイプと一緒になれるのはうらやましい」と笑った。自身は「僕は常盤貴子さんがタイプだけど、もうご結婚されているのでかないません」と笑った。報道陣からの追求にも「本当になにもありませんから!」と笑いながら、会場を後にした。


    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ