最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       
    ライブドアブログ教育実習サポートガイドー提供中

    初心者の方でもサポートガイドの通りに進めていけば、すぐにでも一つ目の記事まで書けてしまいますよ。
    またカスタマイズも自由度が高く中級者、上級者の方でもきっと満足して頂けると思います。記事作成から広告作るまでサポートしております。

    詳しくは管理者にお問い合わせください。

    カテゴリ:国際ニュース速報 > 経済

    resize (14)
    [エバレット(米ワシントン州) 27日 ロイター] - 米ボーイング<BA.N>のミュレンバーグ最高経営責任者(CEO)は27日、ロイターとのインタビューで、米中両国が通商協議で合意できれば中国からの受注が見込めるとの期待を示した。一方で、両国がいつ合意できるかを予測するのは難しいと述べた。

    同CEOは「厳しい状況だが、双方の利益を考えると最終的に解決策をみつけることができると思う。われわれの航空機事業が最終的な解決策の一部となる」と説明した。「通商問題が解決すれば、航空機の受注にも恩恵をもたらす」とし、健全な航空宇宙産業は両国の利益になると指摘した。
    ボーイングが昨年製造したジェット旅客機は、4機中約1機が中国に引き渡された。同社は、中国では今後20年間に7700機の新しい航空機需要が見込め、その規模は1兆2000億ドル相当になると予想している。 同CEOは「中国はここ1年、1年半ほど、航空機を発注していない。累積需要の兆しがあり、航空機へのニーズは実際にある」と説明した。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    resizeAppleは9月10日(現地時間)、新型スマートフォンの「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表。同時に「Apple Watch Series 5」、第7世代の「iPad」も発表した。

     既にAppleのWebページなどで商品の詳細が紹介されているが、現地取材で明らかになった部分も含め、幾つか読み取りにくい部分を中心に基調講演から感じ取れたメッセージとハンズオンでのインプレッションをお届けしたい。

     新型iPhoneは、やはり「カメラ体験の向上」に尽きるだろう。画質ではなく体験と書いているのは、動画・静止画問わず、操作性や機能に関しても、ハードウェアとソフトウェアの技術を組み合わせ、すり合わせた上で実現しているためだ。

    ●“新しいベーシック(基本)”へと前進した「iPhone 11」

     


    Appleは2年前、完成度が高まっていたiPhoneシリーズの新しい進化への道を目指して「iPhone X」を発表した。そのiPhone Xのバリエーションモデルが昨年の「iPhone XS」シリーズと「iPhone XR」だったが、初期段階ではXRの市場での位置付けに苦心しているようにみえた。

     最終的には「最も売れているiPhone」になったXRだが、XSシリーズの下位モデルという印象は拭えなかった。

     しかし、iPhone 11は実質的にXRの後継製品ではあるものの、名称だけではなく商品ラインアップとして「現在のiPhoneにおける基本形」を現わした製品となっている。実際、名称だけではなく、iPhone 11は今世代のiPhoneが提供するデザイン、機能の基本部分を全てそろえているからだ。


    XRはシングルカメラだったが、iPhone 11はデュアルカメラになった。デュアルカメラの構成となって増えたのは、35mmフィルム換算で13mm相当の超広角カメラだ。画角は120度と、うっかりすると自分の足が映り込むほど広い。もともとの26mm相当の広角カメラに、さらに広角なカメラを追加した理由は、単に画角を広げるのではなく、画質や機能、あるいは使いやすさなどに活用するためだ。

     XRでは画像解析で背景と被写体を分離し、ポートレートモードを実現していたが、超広角カメラが追加されたことで、視差による分析でのポートレートモードが可能になった(これは後述のiPhone 11 Proでも同じで、従来は52mm相当の望遠時のみだったポートレートモードが広角でも利用できる)。

     またカメラのライブビューにも使うことが可能だ。広角撮影時には撮影領域外の映像も表示できるため、見切れている被写体情報を把握しながら構図を決められる。これが意外に便利なのだが、さらに「写真のフレームの外側を含めて撮影」というオプションを選択しておくと、超広角カメラで捕らえておいたフレーム外の画像情報も同時に記録する。

     iPhone内で傾き補正をしたり、あるいは見切れてしまったりした被写体を、後から画角内に収めるといった、従来なら不可能だった処理を超広角カメラが捕らえた画像を用いて実現してくれるのだ。

     カメラに関しては、他にも極めて多くの改良がなされており、より「リアリティー」を求めている。Appleはかねてよりコンシューマー製品開発のトップであるフィル・シラー氏が「本物のレンズ交換式カメラの世界を目指す」と公言している通り、本格的なリアリティーの高い絵を出すカメラを目指しているが、今回のカメラは一つの回答といえるような質だ。
    【基本の「iPhone 11」か、冒険の「11 Pro」か 現地取材で分かった違い】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    FullSizeRender

    米国が中国からの輸入品に対する新たな大型関税を発動させたことを受け、中国は2日、米国を世界貿易機関(WTO)に提訴したと明らかにした。


    米中は昨年から激しい貿易戦争を繰り広げており、米国は1日、中国が報復を予告する中で新たな課税を断行。両国の対立はさらに高まった。


    中国商務省はウェブサイトで、「米国によるこれらの関税は、両国首脳が大阪(での6月の通商協議)で達した共通認識への重大な違反だ」と指摘。「中国側はそれに強い不満を抱いており、断固反対する。中国はWTOの関連規則に従い、正当な権利と利益をしっかり守っていく」と表明した。


    今回の課税は、米国が中国への圧力を一段と強め、新たな貿易協定の締結に応じさせようとする中で実施されたもの。


    米中間の貿易紛争は市場に混乱をもたらし、世界各地で経済成長を妨げてきた。両国の通商交渉はここ数か月、行き詰まりが続いている。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    IMG_4560

    トランプ米大統領は30日、自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)GM.Nが自身の大統領就任前に中国に主要工場を移管したと批判し、中国で展開する事業を米国に回帰よう要請した。

    トランプ大統領はツイッターへの投稿で「ゼネラル・モーターズはかつてデトロイトの最大手だったが、今では最小の自動車メーカーの1つだ。GMは私の大統領就任前に中国に主要工場を移管した。これは米国からの救いの手があったにもかかわらず行われた。GMは今再び米国への移管を始めるべきではないのか?」と述べた。
    トランプ大統領の発言は、GMの米国内で働く時間給従業員が4万6000人と、米自動車大手3社で最小とされる欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)FCHA.MIの従業員数を下回ったというブルームバーグ・ニュースの報道に反応したとみられる。

    GMは過去40年で米従業員数を大幅に削減。1979年には約62万人が勤務していた。
    GMはトランプ大統領のツイートに直接コメントすることはしなかったものの、報告書で「GM中国事業は米雇用への脅威ではない」と説明。GM本体が2010年以降、中国合弁事業から160億ドルの持分利益を獲得したと指摘した上で、米事業へは09年以降230億ドルを投じていることを明らかにした。 GMは昨年、中国で360万台を販売し、世界販売数の43%を占めた。昨年の中国事業の持分利益は20億ドルだった。

    こちらもおすすめ!

    VWが新型EV公開=日本はホンダのみ出展―独自動車ショー

    https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4960738010092019EAF001-PN1-5
     【フランクフルト時事】隔年開催のフランクフルト国際自動車ショーが10日、報道陣向けに公開された。地元ドイツの自動車各社が大きな展示スペースを構える中、最大手のフォルクスワーゲン(VW)は今後の主力車種と位置付ける新型の電気自動車(EV)を初公開。一方、日本勢の出展はホンダのみで、他社は軒並み見送った。

     VWは新型EV「ID.3」を初披露。既にゴルフなど一部車種でEVを投入済みだが、EV専用に開発した車台をベースとした「IDシリーズ」では第1弾となる。排ガス不正を機に電動化へ大きくかじを切ったVWを象徴するEVで、ゴルフに続く同社の代表車種に育てる方針。欧州では5月に先行予約を開始済みで、11月から量産に着手する予定という。

     ダイムラーの高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」は、ミニバン型EV「EQV」を披露。既に日本でも発売したスポーツ用多目的車(SUV)型の初EV「EQC」に続く、「EQシリーズ」の第2弾となる。

     BMWは、小型車ミニとして初のEVの量産モデルを展示した。

     日本勢では唯一の参加となったホンダは、欧州向けの小型EV「ホンダe」の量産モデルを初公開した。近年は費用対効果の観点から自動車ショーへの出展を見合わせる企業が増え、有望市場の中国以外ではショーの規模縮小も目立っている。 

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ