最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       
    ライブドアブログ教育実習サポートガイドー提供中

    初心者の方でもサポートガイドの通りに進めていけば、すぐにでも一つ目の記事まで書けてしまいますよ。
    またカスタマイズも自由度が高く中級者、上級者の方でもきっと満足して頂けると思います。記事作成から広告作るまでサポートしております。

    詳しくは管理者にお問い合わせください。

    カテゴリ:国際ニュース速報 > 政治ニュース速報

    resize

    ソフトウェア開発者向けのソースコード共有サービス、米ギットハブ(Github)はこのほど、中国当局が3日、同社に対して、大紀元時報、新唐人テレビと法輪功情報を伝える明慧網の報道を削除するよう求めたことを明らかにした。同社が公開した文書によると、法輪功や香港デモに関する記事がターゲットとなっている。


    同社は5日、中国公安部サイバー・セキュリティ保衛局が署名した要請書を公開した。


    中国当局は、当局の弾圧対象である伝統気功グループ、「法輪功」について中傷し、ギットハブに対して「添付リンク1に示された法輪功に関する情報を削除するよう」と求めた。実際、このリンクをクリックすると、大紀元時報中国語版の国際ニュースが表示され、内容は香港デモに関する報道だった。


    また同省は、「添付リンク2」の関連情報を発信する者のアカウントを停止するよう要求した。「リンク2」も、法輪功に関連する情報ではなく、大紀元時報や新唐人テレビなどが報じた中国共産党関連ニュースと、共産党関連組織の脱退に関する情報だ。


    中国当局は、さらに「広範囲にわたって影響が出るようだったら、少なくとも中国国内のIPアドレスを利用するユーザーが、添付したリンク1に示された法輪功情報を見えないようにしてください」とギットハブに指示した。


    法輪功は、1990年代に中国で流行した精神修養法。中国共産党は、当時の指導者である江沢民の指示によって、1999年に法輪功を禁止し、学習者が投獄、奴隷労働、拷問、さらには臓器の採取といった広範な迫害を受けている。

    【米GitHub、「大紀元などの報道を削除せよ」と中国側が要求】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    https _imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4936004003092019000002-PB1
















    11日付の韓国紙・毎日経済は、AGC(旧旭硝子)が来年1月までに韓国の工場を閉鎖し、撤退すると報じた。同紙は撤退の背景として、液晶パネル関連事業が不振な上、日韓対立や労使問題が影響したと指摘した。

    AGCの韓国法人が、慶尚北道亀尾市にある工場や建物を閉鎖すると道当局に伝えたという。毎日経済によると、2006年に同市の国家産業団地に進出し、売り上げを伸ばしたこともあったが、パネル需要の落ち込みを受けて15年からは工場の操業を停止していた。

     韓国政府機関は12年にAGCを「戦犯企業」に指定している。 

    こちらもおすすめ!

    FullSizeRender

    トランプ米大統領は10日、ツイッターで、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)を解任したと明らかにした。「ボルトン氏の多くの提案について意見が異なった」と指摘。「彼の任務はホワイトハウスで不要になった」と述べた。対外強硬派のボルトン氏が政権を去ることで、トランプ氏が北朝鮮やイランとの対話を積極的に進める可能性もある。


     安保補佐官の交代はボルトン氏で3人目。後任人事は来週発表するという。ワシントン・ポスト紙(電子版)によると、ビーガン北朝鮮担当特別代表らの名前が挙がっている。クッパーマン副補佐官が当面代行を務める。


     トランプ氏によると、9日夜にボルトン氏に解任を通告し、10日に辞表を受け取ったという。これに対しボルトン氏は10日、ツイッターで「私が昨夜に辞任を申し出た」と主張するなど経緯に食い違いが生じている。


     ボルトン氏は、トランプ氏が北朝鮮に融和姿勢を見せたり、イラン指導部との交渉に意欲を見せたりすることに否定的で、トランプ氏との関係が悪化していた。トランプ氏が8日にワシントン近郊で計画していたアフガニスタンの反政府勢力タリバンとの秘密会談をめぐる意見対立が解任劇への最後の引き金を引いたとみられている。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!


    IMG_4538

    アメリカのトランプ大統領はボルトン安全保障担当補佐官の解任を発表しました。トランプ大統領は自身のツイートのなかで、国家安全保障問題を担当するボルトン補佐官について「きのう夜、業務を続ける必要はないと伝えた」と述べ、解任を宣告したことを明らかにしました。解任の理由として「私自身、彼の多くの提案に同意できないし、政権の他の幹部もだ」としています。


    強硬派で知られるボルトン補佐官は北朝鮮に対する強硬姿勢やイランへの武力行使を訴えてきた人物で、北朝鮮とは対話を重視する大統領との溝が指摘されていました。最近ではアフガニスタン問題でタリバン側との交渉に反対し、大統領との対立が伝えられていました。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    resize (6)
    米下院司法委員会は9日、トランプ大統領に対する正式な弾劾調査実現に近づけるための手続きを今週行うと表明した。

    野党・民主党のジェラルド・ナドラー議員が委員長を務める同委員会は当初、トランプ氏の大統領職務遂行などに関する包括的な調査を開始した後、趣旨を弾劾に向けた調査に衣替えした。このため与党・共和党が、過去に下院本会議で承認されたような正式な形式を踏まずに弾劾調査を続けていると批判していた。

    そこで同委員会の民主党側が協議し、これまでの正式な調査に準じる形にするための決議を12日に実施することを検討している。

    決議内容には、ナドラー氏に同委員会と付属の小委員会の公聴会を弾劾関連に指定する権限を認めることや、公聴会に出席する証人に委員会側の法律専門家が質問できること、ホワイトハウスに書面で証拠提出や証言を行う権利を与えることなどが含まれる。 

    ナドラー氏は、こうした手続きによって弾劾関連の公聴会が議会と国民に情報を提供するとともに、トランプ氏側も反論の余地を得る機会が確保されると説明した。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ