最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       
    ライブドアブログ教育実習サポートガイドー提供中

    初心者の方でもサポートガイドの通りに進めていけば、すぐにでも一つ目の記事まで書けてしまいますよ。
    またカスタマイズも自由度が高く中級者、上級者の方でもきっと満足して頂けると思います。記事作成から広告作るまでサポートしております。

    詳しくは管理者にお問い合わせください。

    カテゴリ:国際ニュース速報 > 政治ニュース速報


    ホワイト国、韓国除外なら日本も悪い - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.7657995
    ホワイト国、韓国除外なら日本も悪い
    ホワイト国、韓国除外なら日本も悪い
    米国が、悪化する日韓関係の仲裁に腰を上げた。

    同盟国がにらみ合う現状は、中国やロシアを利することにつながり、米国の安全保障環境にマイナスだと判断した。

    韓国は米国の介入を歓迎するが、日本は韓国への譲歩に後ろ向きで、事態が好転するかは見通せない。

    ポンペオ米国務長官は30日、バンコクへ向かう機内で、「日韓それぞれが、良い場所を見つけられるよう手助けすることが出来れば、米国にとって大切なことだ」と記者団に語った。

    日韓対立について、米国は韓国政府から何度も仲裁を頼まれてきた。

    当初は積極的に仲裁せず、静観する構えだったが、対立の激化を受けて東アジア地域における米国の安全保障リスクに対する懸念が強まった。

    23日にはロシアと中国の爆撃機が日本海と東シナ海の上空で、初めて共同警戒監視活動を実施。

    日韓のあつれきにつけ込もうとした可能性がある。

    また、日韓が軍事技術や戦術データなどの防衛情報を共有することを定めた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が破棄される恐れまで出てきている。

    米国にとって、こうした事態は、同地域における覇権が弱体化し、中ロを利することにつながる。

    米政..



    【日時】2019年08月01日 07:00
    【ソース】朝日新聞
    【関連掲示板】


    【ホワイト国、韓国除外なら日本も悪い - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む

    こちらもおすすめ!


    「仲裁しようというワシントンの要人はいなかった」=韓国 - 国際ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.7654539
    「仲裁しようというワシントンの要人はいなかった」=韓国
    「仲裁しようというワシントンの要人はいなかった」=韓国
    日本の「ホワイトリスト(輸出優遇国)」除外という貿易戦争の拡大が迫っている。我々は米国を説得するために総力を傾けた。政府・国会・民間代表団20人余りがワシントンを相次いで訪れた。

    兪明希(ユ・ミョンヒ)交渉本部長通商産業本部長、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室第2次長と丁世均(チョン・セギュン)元議長を含めた国会代表団、対外経済政策研究院など民間代表団が米政府・議会・シンクタンクを全方向から接触した。結論は終始一貫していた。「米国が介入や仲裁をすることはない。両国がうまく解決してほしい」だった。

    マーク・ナッパー国務副次官補代行(日本・韓国担当)は25日に会った韓国議員にややつっこんだ内心を見せた。ナッパー副次官補代行は「日本政府と企業からかなり以前から韓日葛藤について聞いていた。韓国政府と企業家にも会って両国の立場は十分によく知っている」と話した。また「米国がどちらか片方に立って仲裁をすればもう片方の同盟と関係が損なわれかねない。米国ができる最善のことは韓日両国が対話できるように環境づくりをすること」と話した。米国の役割は韓日対話を促した..



    【日時】2019年07月30日 08:10
    【ソース】中央日報


    【「仲裁しようというワシントンの要人はいなかった」=韓国 - 国際ニュース掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む

    こちらもおすすめ!


    [北京 1日 ロイター] - 中国文化観光省は31日、本土の47都市の住民に対し、8月1日から台湾への個人旅行を認めないと表明した。

    中台関係の状態が理由だとしているが、詳細は明らかにしていない。

    中国本土から台湾に旅行するには許可が必要で、個人旅行は北京、上海、アモイなど47都市の住民にしか認められていなかった。

    大手旅行会社の中国国旅によると、1日以前に許可された個人旅行に影響はないが、8月1日以降は団体旅行のみが許可される。

    台湾で対中政策を管轄する大陸委員会は「本土当局は連絡なしに一方的に合意を破棄した」と批判。「台湾海峡の通常の旅行と交流が政治的な要因により中断されたことは遺憾だ」と表明した。

    台湾では来年1月に総統選が実施される。中国政府は、台湾の蔡英文政権が台湾の独立を目指すのではないかと警戒している。

    公式統計によると、今年上半期の中国本土から台湾への旅行者は前年同期比28%増の167万人だった。

     8月1日、中国文化観光省は31日、本土の47都市の住民に対し、8月1日から台湾への個人旅行を認めないと表明した。写真は中国との間で定期船が運航されている台湾の金門で、バスに乗り込む中国人旅行客。2016年9月撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【中国、台湾への個人旅行を禁止 台湾は反発】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ