最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       
    ライブドアブログ教育実習サポートガイドー提供中

    初心者の方でもサポートガイドの通りに進めていけば、すぐにでも一つ目の記事まで書けてしまいますよ。
    またカスタマイズも自由度が高く中級者、上級者の方でもきっと満足して頂けると思います。記事作成から広告作るまでサポートしております。

    詳しくは管理者にお問い合わせください。

    カテゴリ:国際ニュース速報 > テクノロジー

    韓国の国産化に疑問符、日本向けのポーズ。内情を知る関係者は皆分かっている。


    cover


    日韓の通商対立は図らずも産業界の地力の差をあぶり出した。対韓輸出手続きを厳格化したフッ化水素(エッチングガス)など3品目は、韓国経済を支える半導体とディスプレー産業の急所を突いた。他国製への材料切り替えや国産化の動きが吹聴されているものの、その実効性には疑問符がつく。

    あんなもの日本向けのポーズでしかない。内情を知る関係者は皆分かっている」。日本の半導体関係者は、韓国半導体メーカーの材料切り替えの動きをそう冷ややかに見る。経済産業省による1日の措置発表以降、韓国のサムスン電子やSKハイニックスが他国製のフッ化水素の性能試験に着手した。

     ただ、性能面で合格したとしても、半導体製造ラインでの材料切り替えは最短で半年から1年かかる。加えて「現状でメーカーに余分な製造能力がない。能力増強するのに3―5年は必要だ」(日本の半導体関係者)と現実的な解決策にはなりえない。国産化に関しても、超高純度の化学品を開発する力がそもそも韓国の化学メーカーにあるかを疑問視する向きもある。「どこか日本企業を買収するしか手はないのではないか」(同)と資金力で突破口を開く可能性はある。

     一方、韓国からの報復措置はありえるのか。日本の半導体メーカーや液晶パネルメーカーも韓国から一部の産業ガスを調達している。その供給に制限がかかる恐れはある。ただ「もし止められても、日本の化学メーカーが増産すれば問題ない」との見方もある。

     半導体やディスプレーで日本を追い抜いた韓国だったが、今回の日本側の措置でサプライチェーンの脆弱(ぜいじゃく)性が露見した格好だ。対立が長引けば、韓国経済へのダメージがさらに深刻化するのは避けられない。

    こちらもおすすめ!


    190729_lyra-w1280

    多機能で懐ゲーが遊べる、一家に一台レベルの携帯機です。

    携帯専用「Nintendo Switch Lite」の発表に、世界が湧いたのは記憶に新しいところですが……広大なネットの海では、スイッチみたいなエミュレーターPCが、資金募集を始めました。

    それはRaspberry Pi CM3L内蔵の懐ゲー・エミュレーターでありながらも、HDMIからテレビに接続でき、マウスとキーボードを繋げばネットサーフィンやコーディングが出来る小型PCにもなってしまうスグレモノの「LYRA」。

    現在は Kickstarter にて、目標額を大きく超える人気を博しています。






    ジョイコンなど無線接続すれば、マルチプレイヤーで遊ぶこともできるようですね。最新ゲームがプレイできるわけではないものの、クラシック・ゲームを愛してやまない人たちならビビっと来るんじゃないでしょうか?

    公式サイトによりますと、主なスペックはシングルボードコンピューターの「Broadcom BCM2837B0」と、プロセッサーに「ARM Cortex-A53」を使い、CPUは「1.4GHz 64-bit quad-core ARM Cortex-A53 CPU」、RAMは「1GB LPDDR2 SDRAM」、そしてメモリーは「16 GB Micro SD Card」を使用しているとのことです。

    完成品と要組み立て品の2種類

    「LYRA」にはふたつのモデルが用意されており、ひとつは箱から出してすぐ遊べるRTG(Ready-To-Go)。そしてもうひとつは自分で組み立てるDIY(Do-It-Yourself)となっています。DIYは15分ほどかけて、はんだ付けなど要らずにパーツを合体させていくだけのもの。携帯ゲーム機の中身がどうなっているのか見てみたい人にオススメとなっています。

    190729_lyra2

    違いは簡単な組み立てをするかどうかなのですが、出資しようとするとDIYが約3万7700円なのに対して、RTGが約4万5800円とかなりの開きが見られます。ですが執筆時には、残り30日で296人から目標額およそ400万円を超える、670万円近い金額が集まっていました。

    決して安いわけではないものの、多機能な面も踏まえると出しても良いかな、というお値段ですよね。そしてこれに惚れ込んだ人たちが、世界には今300人近くいるということになります。

    実はこの「LYRA」を作ったCreoqodeは、以前に取り挙げた、イイ感じに怖い、プログラミングで操る顔面AIロボ「NOVA」を作った会社だったりします。その辺を統合すると、独特の視点とスタイリッシュさを持った会社という気がしてきますね。何となく期待できそうな気がします。


    こちらもおすすめ!

    190729_this_new_twitter_is_the_best_new_twitter_0-w1280


    批判もありますけど、私は新UI好きです。

    4分ほど前ですかね。ただ時間を確認しようとしただけだったんですけど、気づいたら、Twitterを開いて、流行りの“Cursed Tik Tok(心霊動画風のTik Tok)”を見ちゃってました。本当は怪しげな幹細胞についての大事な記事を書かなきゃいけなかったんですけどね。ついつい、ハマっちゃって。こんな感じで、Twitter新バージョン、楽しんでます。正直言って、かなりいい感じです

    「新しいTwitter」って、出てくるたびに、なんやかんや叩かれちゃってますよね。一番最初は「Facebookそっくりじゃない?」なんて言われてましたし、突然アイコンが丸っこくなったときも非難殺到でした。文字数が140文字から280文字に増えたときも、ブロードウェイスターのリン=マニュエル・ミランダが「俳句の文字数増やしたりしないでよ」なんて嫌味を言ってました。

    twitter2.jpg

    でも、今回のUI変更は、正直、過去最高にいいと思います。しっくりきすぎて、旧バージョンがすでに思い出せない…。お気に入りの「リスト」にすぐアクセスできるのもいいんですよ。

    twitter3.jpg

    あとは…ってちょっと待った。ツイートが全部消えちゃった。なんもないマジで。どこ行っちゃったの? 「今どうしてる?」って、それ私が聞きたいことだよ。「問題が発生しました」って、わかってますよ。問題が発生したんですよ!

    コ、コホン。失礼。

    あー、なるほどー、これも新UIの機能なんですね…バ、バグなんかじゃ、もちろんありませんよ。なんてアバンギャルドな、新Twitter! 最高です! だから、あえて聞いちゃいますよ? あちこちの最新テック系ブログから、同じ質問が殺到するでしょうし…もう私はつぶやけないかもしれないけど…。

    新バージョンはどう?「新しいTwitterかなりいい」? それとも「史上最高のTwitter」?

    こちらもおすすめ!


    デマもシェアする10代、罪に問われる可能性も

    000a_588x

    ニセ情報シェアを気にしない10代

    10代はデマでも気にせずシェアしたり、投稿する傾向が強い。情報の真偽はあまり気にせず、安易に投稿・シェアしてしまうようだ。10代の情報に対する接し方の実態とリスクについてご紹介したい。

     LINE Research Platform×博報堂共同研究プロジェクト『若者インサイトラボ』のフェイクニュースに関する調査(2017年7月)によると、SNSやブログなどのオープンな場で友人・知人が、ニセ情報やウソのニュースを信じ込んで他人にシェアしているのを見たことがあるか聞いたところ、10代の約4割にあたる39%が「ある」と回答している。

     また、自分がニセ情報を書き込んだりシェアしたことがあるか聞いたところ、10代の約3割、28%が「ある」と回答した。この割合は、他の世代より高い。10代はニセ情報をシェアしている割合が高く、目にしている割合も高いということだ。

     なお、ニセ情報の書き込み・シェアの経験があるユーザーは、「『SNSでシェアしたい』と思った情報が本当に正しい情報なのかよくわからないときにどうするか」という質問に対して「情報の内容が正しいかどうかは気にせずシェアする」割合が15%と、経験がないユーザー(4%)よりも高かった。つまり、情報の真偽についても気にしない傾向が強いというわけだ。

    情報を鵜呑みにせず検証する習慣を
    10代の子たちは、SNSを利用する時間が他の年代と比べて極端に長い。SNSでは同年代や似た性質のユーザー同士がつながりやすいため、ニセ情報が拡散した状態となり、目にした情報を真実と思い込んでしまう子どもは多いのだ。

     デマとして拡散される情報は、話題のニュースがテーマになっており、友人・知人から「いいね」やリツイートなどされることが多いため、リアクションを期待して投稿・シェアしてしまうことも多いようだ。

     しかし、間違った人物を犯人とするなどの他人を傷つけるデマを投稿・拡散してしまった場合、名誉毀損罪などに問われる可能性がある。デマの投稿・シェアで罪に問われる可能性があること、安易に拡散すべきではないことは、子どもに教えておくべきだろう。

     また10代は、検索したときに表示される広告を広告と理解していないケースも多い。「PR」「広告」などと付いていたら広告ということは基本的なリテラシーとして理解しておきたい。

    001_R_480x234

    個人情報流出・出会い系被害のリスクも

    10代が安易に投稿・シェアするのは、デマだけではない。「◯◯バトン」など、様々な質問に答えさせるバトンと呼ばれる遊びもよくシェアしている。

     たとえばTwitterなどで「バトン」で検索すると、「#いいねでやる」「#いいねでやるちなみに見た人も強制」などのハッシュタグ付きで、様々な質問が投稿されている。その投稿に対して「いいね」をもらったら質問に対して答えるが、見た人も質問に対して答えなければならないというものだ。質問は、画像になっていることが多いのが特徴だ。

    002_R_240x
    質問内容は「名前」「誕生日」「年齢」などの個人情報の他、「LINE交換できるか」「SEXできる」「セフレにできる」などの怪しいものも多く混じっている。個人情報が流出したり、出会い系被害などにつながるリスクがあると考えられる。

    003_R_240x
    子どもがSNSにどのようなことを投稿・シェアしているのか、利用実態は知っておくべきだろう。ネット・SNSを使う上でのリスクは随時教え、子どもに情報リテラシーを身につけさせるようにしていきたい。


    こちらもおすすめ!

    1

    中国OPPOが折りたたみ/ロールディスプレイを搭載したスマートウォッチの特許を出願していたことが判明しました。もしこのアイディアが実現すれば、スマートウォッチでも大画面が利用できるようになるかもしれません。

    オランダ語テックサイトのLets Go Digitalが報じた今回の特許出願では、通常のスマートウォッチよりも若干大きく、また分厚い本体(文字盤)を備えたプロダクトデザインが確認できます。そしてこの本体には、2枚の追加のディスプレイが折りたたまれて収納されるか、あるいはロールディスプレイが内蔵されているのです。

    2
    そして本体のボタンを押すと、折りたたみディスプレイが電動方式にて展開されます。これにより、スマートウォッチでもスマートフォンなみの大型スクリーンが利用できるのです。また、画面の展開は左右のどちらの方向にも可能です。

    なお、韓国サムスンや中国ファーウェイは折りたたみスマートフォンをそれぞれ9月にリリースする予定です。さらにOPPOも、折りたたみスマートフォンのプロトタイプ端末を披露しており、同スタイルの端末は今後もますます増える予定です。

    一方で、折りたたみディスプレイを搭載したスマートウォッチは、まだ市場に登場していません。これは、折りたたみディスプレイやそのヒンジなどの構造を小型の本体に収めることが、難しいことが原因だと予測されます。

    一方、IBMも今回のアイディアに類似した、8つ折り画面を搭載したスマートウォッチの特許を出願しています。折りたたみディスプレイの技術が十分に成熟すれば、このような製品もいずれ登場するのかもしれません。

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ