最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       
    ライブドアブログ教育実習サポートガイドー提供中

    初心者の方でもサポートガイドの通りに進めていけば、すぐにでも一つ目の記事まで書けてしまいますよ。
    またカスタマイズも自由度が高く中級者、上級者の方でもきっと満足して頂けると思います。記事作成から広告作るまでサポートしております。

    詳しくは管理者にお問い合わせください。

    カテゴリ:国際ニュース速報 > テクノロジー

    IMG_4535

    Appleは9月10日(日本時間11日)、watchOS搭載のウェアラブルデバイスの新モデル「Apple Watch Series 5」を発表した。価格は4万2800円から(Cellularモデルは5万3800円から)。同日に予約を開始し、20日に出荷する。最新OS「watchOS 6」に対応。

    ディスプレイにLTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)と呼ばれる新技術を採用し、ディスプレイを常に表示した状態で18時間連続動作するという。バッテリー持ちを維持するため、手首を下げると画面が暗くなり、手首を上げたり画面をタップすると明るくなる仕組みにした。

    新たにコンパス機能を搭載しており、マップ機能と組み合わせると自分が立っている方向が分かるという。Cellularモデルなら、
    iPhoneなしで世界150カ国以上で緊急コールを利用できる。素材はアルミニウム、ステンレス、チタン、セラミックから選べる。NikeモデルとHermesモデルの新色も用意する。
    Apple Watch Series 3は199ドルに値下げする。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    IMG_4533

    Appleは9月10日(現地時間)、次期iPhoneの発表と同時に、旧モデルの値下げも発表した。

    旧モデルで生き延びたのは、「iPhone 8」と「iPhone XR」のみ。iPhone 8が唯一のホームボタン搭載モデルとして残った。

    iPhone 8は6万7800円から5万2800円に値下げ(1万5000円引き)、iPhone XRは8万4800円から6万4800円に値下げ(2万円引き)された。いずれも税別価格で、下取りなしの場合だ(以下同)。

    「iPhone 7」「iPhone XS」「iPhone XS Max」がラインアップから消えた。

    なお、新iPhoneの価格は以下の通り。

    ・「iPhone 11」:7万4800円から

    ・「iPhone 11 Pro」:10万6800円から

    ・「iPhone 11 Pro Max」:11万9800円から

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    IMG_4532

    Appleが、「iOS 13」の正式版を9月19日に配信する。
    iOS 13の対応機種は、iPhoneが「iPhone 6s」以降で「iPhone SE」も含む。iPod touchは第7世代のみ。「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」はサポート外となる。

    iOS 13では、OSとして、画面が黒基調の配色になる「ダークモード」に初めて対応。「写真」アプリでは、「日」「月」「年」ごとに写真を表示し、機械学習を用いてオススメ写真を提案してくれる。アプリやWebサイトへログインする際、従来のようにSNSアカウントを使わず、Apple IDだけでログインできる機能も追加する。より情報量の増した「マップ」、Face IDの認証スピード向上、AirPodsでのメッセージ読み上げなども特徴だ。

    あわせて、iPad向けの新OS「iPadOS」を9月30日に配信する。iPad Air 2、全てのiPad Pro、iPadの第5世代以降、iPad miniの第4世代以降で利用できる。ホーム画面に常駐する「今日の表示」ウィジェット、同じアプリも2画面表示・編集が可能な「Split View」、Apple Pencilのレンテンシ向上、外付けドライブもサポートする「ファイル」アプリなどが特徴。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    IMG_4530

    Appleは9月10日(現地時間)、10.2インチの新型「iPad」(第7世代)を発表した。従来の9.7インチモデルから大型化したRetinaディスプレイを搭載する。 iPad専用のOS「iPadOS」をプリインストールし、第1世代の「Apple Pencil」と「Smart Keyboard」を利用できる。プロセッサは「A10 Fusion」チップを採用する。

    同日から注文を受け付け、25の国と地域で9月30日に発売する。価格は、Wi-Fiモデルが329ドル(約3万5000円)、Wi-Fi+Cellularモデルが459ドル(約4万9000円)。ストレージは32GB・128GBの2種類。カラーは、シルバー・スペースグレー・ゴールドの3色。

    (出典 matome.naver.jp)

    こちらもおすすめ!

    FullSizeRender

    Apple Special Eventで紹介されなかったiPhone 11の新機能がある。それはUltra Widebandチップの搭載だ。
    iPhone 11(および11 Proと11 Pro Max)はUWB(Ultra Wideband)という超広帯域通信に対応する。UWBは低消費電力ながら到達距離が100から200メートルと長く、誤差数10センチという正確な屋内測位を可能とする技術だ。レンジはBluetoothの限界である数十メートルをはるかに超える。この技術を用いると、他のデバイスとの位置関係を正確に把握することができる。Appleは「chip for spatial awareness」すなわち空間認識のためのチップと説明している。

    iPhone 11 Proと11 Pro Maxには3つ目となる広角の「眼」が追加されたが、こちらの「眼」のほうがはるかに革新的と言えるだろう。


    別のUWBチップ搭載デバイスからの電波が飛んでいる空間であれば、新iPhoneはその相対的な位置を正確に認識できる。これは、屋内での測位ができるということを意味する。

    今回、それで思い出した技術がある。位置情報とARを組み合わせた「セカイカメラ」だ。2008年にコンセプトビデオを発表し、2009年には限定的ながらiPhoneでARを実現するアプリを公開した。そのコンセプトビデオでは、屋内にあるショップの棚にある商品の情報をオーバーレイ表示するなど、当時の技術ではできなかったことを見せていたため「ベイパーウェア」と揶揄されもした。UWBにより正確な屋内測位が可能になり、それとARKitのAR機能とが組み合わされれば、10年かけてその目指したものが実現することになる。

    【UWBを搭載したiPhone 11はセカイカメラの夢を見るか?】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ