最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       
    ライブドアブログ教育実習サポートガイドー提供中

    初心者の方でもサポートガイドの通りに進めていけば、すぐにでも一つ目の記事まで書けてしまいますよ。
    またカスタマイズも自由度が高く中級者、上級者の方でもきっと満足して頂けると思います。記事作成から広告作るまでサポートしております。

    詳しくは管理者にお問い合わせください。

    カテゴリ:国内ニュース速報 > エンタメ速報

    20190819-OYTET50011_1_Nテレビ東京の看板アナウンサーとして、スポーツ、バラエティー、情報など多くの番組で活躍した大橋未歩さん。2017年12月に退社し、フリーになって約1年半。神戸での高校生時代に遭遇した阪神・淡路大震災、13年に襲われた脳梗塞など、自分の人生経験と密接に関わるテーマの番組やイベントに積極的に取り組んでいます。今も新しいことに挑戦し続ける、充実した毎日を語ってくれました。

    11月の神戸マラソンのゲストランナーに
    ――11月の神戸マラソンを「震災25年特別ゲスト」として走るそうですね。すぐ引き受けようと思いましたか。

     はい、やりたいと思いました。人生で一度はやってみたいことの中にフルマラソンがあったし、出身地・神戸のチャリティーマラソンだと聞いたので。私は、早い時期に東京に出て来てしまい、地元に何か、かかわっていきたいと思っていて、ちょうどいいなと思いました。

    ――40代で初のフルマラソン。大きな挑戦ですね。

     そうですね。8月15日で41歳になりましたからね。

    ――目標タイムは?

     リミットは7時間なので、6時間以内で走りたいなとは思っています。学生時代は10キロぐらい楽々走れたんですよ。もう20年も前のことですが(笑)。

    ――震災復興については、どんな思いで走りますか。

     忘れられないのが、震災の日、朝9時ぐらいにマンションの屋上に上がって、いつも見渡している神戸の街を見下ろしたとき、いろんなところから火の手があがっていて、戦時中の写真みたいだなと思いました。長田区のように一度は焼け野原になった場所もあり、神戸が復興したことをかみしめて走ることになると思います。肉体的にはつらいと思いますが、復興した街を目に焼き付けて走りたいです。

    ――震災から25年。若い世代は直接知らないですね。

     そうですよね。伝えていかなきゃなと思います。語り部の役割を担おうと思い、防災の日と震災が発生した1月17日には自分なりにいろいろと発信しています。防災士の資格も取って、先日、住んでいる自治体の防災士フォローアップ研修にも参加しました。震災とは一生、向き合っていこうと思っていて、今度のマラソンもそのひとつです。 【大橋未歩さん 34歳で脳梗塞…死と直面した「15分間」が生き方を変えた】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    resize (6)俳優の北村総一朗が15日に更新した自身のアメブロで、国民的アイドルグループ・のメンバー二宮和也がMCを務めるバラエティ番組『ニノさん』(日本テレビ系)に出演したことを報告した。

    この日、北村は「ジャニーズ・グループ「嵐」の二宮さんがMCを務めるバラエティ「ニノさん」に出演しました。」と報告。二宮とは2004年に放送されたドラマ『南くんの恋人』(テレビ朝日系)で共演したようで、当時の二宮について「清潔感に溢れた、文句のつけようもない、美少年という印象でした」とつづった。

    さらに「あどけなさの中に、決して軽はずみに己の内面を曝け出そうとしない意志の強さが、なんとも捕まえどころのない、謎めいた魅力を感じさせたものです」と当時を振り返った。


    同番組の今回のテーマが「9月25日生まれの芸能人の誕生日を祝う会という趣旨」だといい「同じ誕生日でも、この歳の差はまるで孫に囲まれての誕生パーティーようで」(原文ママ)と述べるも「若さに負けてなるものか」と出されたクイズに必死に挑戦したと明かした。


    ブログの最後では同じ9月25日生まれとして共演したタレントのリサ・ステッグマイヤー内山信二お笑い芸人あばれる君とのそれぞれの2ショットを公開し「皆さん個性豊かな方々です。楽しい一日でした。ありがとうございました。」と感謝をつづった。

    こちらもおすすめ!

    resize (5)
    中居正広が司会を務めた9月11日の音楽特番『のどじまんTHEワールド!~令和 元年~』(
    日本テレビ系)にて、SMAPの名曲『世界に一つだけの花』のカバーが歌われた。

    同番組は「世界一日本の歌がうまい外国人」を決定するというもので、オープニングアクトとして、「アメリカ空軍太平洋音楽隊」が「世界に一つだけの花」を披露。そのパフォーマンス中には中居の姿がカメラに抜かれる場面もあり、曲が終わると、中居は「久しぶりに聴きましたー! ありがとうございましたー」と笑顔を浮かべた。グループ解散後も自身の番組でSMAPの楽曲がかかることもしばしばなだけに、中居についてはジャニーズ退所と『新しい地図』への合流のも囁かれているが、業界内では移籍先についてのさや当てが始まっているという。芸能プロダクション関係者が語る。

    「どうやら、けじめをつけるために『新しい地図』への合流はないと言われています。一時は吉本興業の話もあったが、こちらも一連の騒動でそれどころではなくなった。現在のところ芸能関係者の間では、アミューズが有力視されているそうですが、本人は『いま出てる番組が全部なくなってもいい』と、干される覚悟はできているようです」

    中居がそんな覚悟を持つに至った裏には、大きな転機があったようだ。

    「東京五輪のキャスターから外されたことが相当ショックだったようです。中居は2004年のアテネ大会から昨年の平昌大会まで、夏冬8大会連続でTBSのメインキャスターを務めてきた。それが、今回TBSは安住紳一郎アナを抜擢。サブキャスターには同局の『世界陸上』でおなじみの織田裕二の名前が浮上するなど、中居はすっかり蚊帳の外になってしまったことに衝撃を受けているとも」(番組制作会社ディレクター)

    【中居正広が思わず絶句!? TBS五輪中継のサブキャスターに織田裕二が浮上した驚きの理由とは?】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    resize (4)
    女優の
    小沢真珠(42歳)が9月15日、自身のInstagramで、連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の撮影がオールアップしたことを報告。共演者やスタッフに加え、撮影期間中、支えてくれた家族に感謝の言葉をつづっている。

    小沢はこの日、「昨日の深夜、『ルパンの娘』の悦子の撮影がオールアップしました!」とファンに報告。そして「素敵な作品を素晴らしい共演者&スタッフの皆さんと作れたことにいくら感謝してもしきれません。そしてこの何ヶ月かの忙しい日々、家族の協力があったからこそお芝居に集中して過ごすことができました。しばらくは家のことや育児をしっかりやって恩返ししたいと思ってます!」とつづった。

    「ルパンの娘」は深田恭子主演の連続ドラマ。小沢は深田の母・三雲悦子役を演じている。同作の視聴率は初回の8.4%が最高で、最新話(9月12日放送回)は6.9%。

    こちらもおすすめ!

    resize (1)
    5月にアイドルを卒業し、研音に所属して新たな芸能活動を歩み始めた、女山口真帆(やまぐち・まほ/23)が、24歳の誕生日となる17日に1st写真集「present」を発売。モデルプレスのインタビューに応じ、再始動の心境を語ってくれた。【前編】

    ◆山口真帆「今の私を見て欲しい」写真集への思い

    ― 写真集発売おめでとうございます。移籍されてからの初仕事としては色々な選択肢があったと思うんですけど、写真集を最初の仕事にしようと思った理由は何ですか?

    山口:タイトルの「present」という単語には“今”という意味もあって、今の私を見て欲しいと思ったからです。これから未来に向かって進んでいく自分を見て欲しくて、色々な表情の私を見てもらって、皆さんに少しでも今の山口真帆を知ってもらえたら良いなと思い、写真集を作りました。

    ― 撮影自体も明るい雰囲気を意識しましたか?

    山口:そうですね。でも元々太陽の下で元気なイメージもないと思うので(笑)、ハワイでも“THEハワイ”というところではなくて、「ハワイにもこんなところがあるんだよ」という自分に合ったハワイの場所で撮影をして、色々な表情の私が見られると思います。ハワイ自体行ったことがなかったんですけど、ずっと行きたい場所だったので、良かったです。撮影場所もスタッフの方と相談させて頂いて決めました。 【山口真帆、女優転身への思い・上京後の生活語る<1st写真集「present」インタビュー>】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ