最新トレンドニュース速報 ♪

~ 毎日トレンドな最新情報をお届けします~

                       
    ライブドアブログ教育実習サポートガイドー提供中

    初心者の方でもサポートガイドの通りに進めていけば、すぐにでも一つ目の記事まで書けてしまいますよ。
    またカスタマイズも自由度が高く中級者、上級者の方でもきっと満足して頂けると思います。記事作成から広告作るまでサポートしております。

    詳しくは管理者にお問い合わせください。

    カテゴリ:国内ニュース速報 > エンタメ速報

    FullSizeRender

    テレビ朝日系で19日、生放送される『おらが県ランキング ダイナンイ!?』(後7:00~9:48)で、乃木坂46の3期生メンバー、岩本蓮加(15)、吉田綾乃クリスティー(24)、阪口珠美(17)がVTRのナレーションを担当する。3人がフレッシュな“声のパワー”で、番組をにぎやかに盛り上げる。

     番組は、くりぃむしちゅーがMCを務め、都道府県代表タレントとともに、さまざまなテーマの“都道府県ランキング”を発表していくランキングバラエティーの第3弾。今回のテーマは、秋の行楽シーズンにピッタリな“この秋、行ってみたい!&食べてみたい!”。「満足度の高いテーマパーク」「隠れた名品! お取り寄せグルメ(スイーツ、麺類、瓶詰め)」「一度は乗ってみたいローカル鉄道」の3ジャンルを取り上げ、ランキングを発表する。

     乃木坂46の3人は、ブロックごとにナレーションを担当。岩本は「隠れた名品! お取り寄せグルメ」、吉田は「満足度の高いテーマパーク」、阪口は「一度は乗ってみたいローカル鉄道」を、それぞれナビゲート。

     阪口は一度だけナレーション経験があるものの、岩本と吉田の2人はまったくの初挑戦。都内スタジオでひとりずつ収録に臨んだ。3人とも一様に「ドキドキする…!」と、緊張の面持ち。しかし、現役アイドルの本領発揮(?)。すぐにコツをつかんで収録はスタッフも驚くほどスムーズに進行した。

     収録を終えた岩本は「知らなかったご当地グルメもいっぱい登場して、豆知識が増えた気分で勉強になりました。私がこんなにも長々としゃべらせていただくことはあまりないので、ぜひぜひ私のおしゃべりも堪能していただきたいです」と、ホッとした表情で初ナレーションの感想を告白。

     大分県出身の吉田は「私の地元・大分県にはおいしいものがいっぱいあるので、ぜひみなさんに大分のよさを知っていただきたいな」と“地元愛”をアピールしながら、「私は“テーマパーク”のブロックを担当しましたが、映像もとても素敵でした。大分はもちろん、いろいろな県の魅力を知っていただきたいです!」とコメント。

     そして、阪口は「自分の声だけがみなさんに届くということがとても不思議な感覚で、自分の意識を声に集中させなくちゃいけないのが難しかったです。でも楽しみながらナレーションを入れることができたので、その楽しさが私の声に乗って、みなさんに届くといいな」と期待を込めて語っていた。

    こちらもおすすめ!

    FullSizeRender

    歌手の門倉有希が18日、自身のブログを更新。「今日は残念なご報告です」と切り出し、「乳がんになりました。胸の異変に気づいたのは昨年8月ごろでした」と乳がんにり患したことを報告しました。

    こちらもおすすめ!

    FullSizeRender
    1990年代にセクシーブームを巻き起こした「C.C.ガールズ」が新メンバーで16年ぶりに復活して18日、都内でお披露目された。

     3代目に当たり、ユニット名を「C.C.ガールズ3」に一新。呼び方は「シー・シー・ガールズ」のまま、世代を表す数字を加えた。メンバーも1人増やして5人組に。河合ひかる(28)、豊田百佳(23)、花岡なつみ(23)、鈴木佳奈(23)、中川知香(26)が脚線美やボディーラインなどを強調する真っ赤な衣装で「美」をアピールした。

     5人の平均は年齢が24.6歳で、身長は171センチ、バストは86センチ。花岡はソロ歌手として第57回日本レコード大賞新人賞などの受賞歴があり、リーダーの河合とサブリーダーの中川はいずれも元ミス・ワールド日本代表。オスカープロモーションにとっては令和初の女性グループとなる。

     河合と中川はスタイル担当。ただ一人バストのカップをGだと公表している豊田はセクシー担当。花岡はアイドル担当。鈴木はアイドル担当にセクシー担当を兼ね「小悪魔的な面」も担う。

     一般企業にウェディングプランナーとして勤務していた豊田は、「今日が芸能界のデビュー。(コンテストに応募した)1年前に勇気を出して良かった」と笑顔。5人とも、初代メンバー4人が結成したときは生まれておらず、その活動を「資料でしか見たことがない」と声をそろえた。

     鈴木はC.C.ガールズ入りを、初代を知る両親に伝えたところ「信じられない」と驚かれたといい、「それほどグループの存在が大きいんだな実感しました」。中川は今後について、「歌とダンス、グラビアなどマルチに挑戦していきたい」と意気込んだ。

     オスカープロには「新人は5年間、恋愛禁止」の規定があり、全員とも守る姿勢を強調。鈴木は「(恋愛解禁となる)5年後はハッチャけたいな、とみんな言ってます」とも語り、「というのをネタにしています」と付け加え、早くも”小悪魔”ぶりを発揮した。

     歌手の玉置浩二(61)と結婚した青田典子(51)も所属した初代のデビューから29年。「C.C.」はCOOL&CLASSYの略で、「最高にカッコよく洗練された女性」像を追究してきた。青田からも再結成について「あまりの驚きに、いまだにゾクゾクとワクワクが止まらない状況です。令和の時代にC.C.ガールズの名前が引き継がれていくくれること心からうれしく思っております」との祝福のメッセージが寄せられた。

     この日は同プロの武井咲(25)と河北麻友子(27)も駆けつけ、武井は「すごい脚がきれいな印象で、みなさんハッとするようなオーラを放っている。頑張ってください」とエール。河北は「身長が高くて、とってもきれいです。これからは全身タイツとかも挑戦してください。全身タイツも、さまになると思うので期待しています」と背中を押した。
    【C.C.ガールズ3お披露目 3代目は5人組 メンバー2人は元ミス・ワールド日本代表】の続きを読む

    こちらもおすすめ!

    IMG_4650

    今年から新たに開催されたミスコンテスト「ミス・ジャパン」。公式HPによると、〈国内のミスコンテストの決定版として、この度、新しく開催する年間のページェント〉だそうで、紛らしいが「ミス・ユニバース・ジャパン」とは別物だ。

     9月12日、日本大会が都内で開催され、栄えある「ミス・ジャパン」初代女王には、東京都代表の土屋炎伽さん(27)が選ばれた。炎伽さんは現在都内の企業に勤務する会社員で、富士通のチアリーディング部に所属。「ミス・ジャパン」出場以前から「美しすぎるチアリーダー」としてファンも多く、業界では有名な存在だったという。

     さて、この炎伽さん、女優の土屋太鳳(24)の実の姉。6月3日に開催された「ミス・ジャパン東京大会最終選考会」には、太鳳と弟で声優の土屋神葉(23)も会場に駆けつけ、姉のファイナリスト選出を祝福。きょうだいの3ショットもマスコミに披露した。

    「最終選考結果がメディアで報道された時から、ネット上には〈妹のコネじゃないのか〉なんていうあらぬ噂が多数まき散らされました。というのも、炎伽さんは身長155センチと、ミスコンに出るにしてはかなり小柄で、当時26歳と、ミスコン参加者としては比較的年齢も高い。加えて、東京大会の審査員の中に、ホリエモンや太田光の妻で事務所社長の太田光代、柔道の井上康生など、『ミスコンで、この審査員?』と謎のメンツが揃っていたことも、『誰をファイナリストにするか、忖度があったのでは?』という声が出るきっかけになりました」(芸能プロ関係者)

     そして見事女王の座を射止めたことから、このコンテストは〈炎伽さんを鳴り物入りで芸能界にデビューさせるために仕組まれた出来レースではないのか〉なんて、にわかには信じがたい“疑惑”まで、ネット上でささやかれ始めている。

     IMG_4652

    口さがない連中は〈出来レースで選ばれて嬉しいのかな?〉〈最初から決まっていた感ありありで、素直におめでとうって言いにくい〉〈女王に選ばれた後で土屋太鳳の姉だと告白した方が、まだ好感が持てた〉などなど好き勝手に書き込み、グランプリ獲得を冷ややかな目で見る向きがネット上では支配的だ。

     芸能ライターのエリザベス松本氏が言う。

    「炎伽さんは芸能界入りについて明言はしていないものの、インタビューで『(太鳳と)仕事で関わって、相乗効果ですばらしい活躍ができれば』と含みを持たせた言い方をしています。ただ、妹の太鳳さんは『あざとい』『いい子ぶりっこ』と、同性からの人気が低いのが現状。妹に便乗して芸能界で人気者に、というのはちょっと厳しいでしょう。まだデビューもしてない段階でこんなにも叩かれてしまっている炎伽さんを、応援するファンが現れるかどうか。真偽はさておき、世間はコネでゴリ押しという芸能界のイメージを嫌悪するようになってますからね」

     キムタク(46)と工藤静香(49)の娘Koki,(16)のように、やることなすこと叩かれてしまう存在にならなければいいのだが……。

    IMG_4651

    こちらもおすすめ!

    20190915-00000207-dal-000-6-view
    タレントの
    GENKINGが15日、公式ブログを更新し、事実婚状態の夫の気遣いへの感謝を伝えている。

    正月以来9カ月ぶりの旅行中というGENKINGは、「彼に感謝」と題した投稿で、正月以来、初めて「きちんとしたレストラン」を訪れたことを報告。「普段は自炊ばかりだから、なんかめちゃくちゃ非日常感」、「ステーキとか、いきなりステーキとかしか行かないからかしこまったレストランは2人して緊張」と、カタくなったという。

     「普段主婦」というGENKINGは「自分が食べたいものの値段きにしちゃう癖が抜けなくて だからエビ食べたかったんだけど、ワって驚く値段だから我慢」していたところ、「彼がその気持ちに気付いて頼んでくれた」と明かした。

     GENKINGは「そうゆう優しさが本当にすき。色々あるけど、本当に一緒にいれて感謝だよね たまにの贅沢も多分うちらは1年に1.2回だけど、そんな1日がたまにあるから、幸せもまた感じられて毎日一緒にいれるんだと思う。喧嘩もたまにするけど、一番に思う気持ちはいつもありがとう」と、彼への愛情と感謝をつづっている。

     GENKINGは17年5月に性別適合手術を受け、その後戸籍上も女性となった。18年10月には結婚間近とも思われた交際相手との破局をSNSで報告したが復縁。事実婚状態であることを明かしている。

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ