最新トレンドニュース速報!毎日見ればあなたも情報通♪

最新トレンドニュース速報!毎日見ればあなたも情報通♪

毎日トレンドな最新情報をお届けします。 新聞を読むよりも早く旬なニュースを読むことができます☆

                          
    【相互リンク・RSSについて】

    当サイトは、リンクフリーです。
    相互リンク・RSSに関しましては、当ブログを追加後に依頼をお願いいたします。
    確認が出来次第こちらにも追加いたします。
    また公序良俗に違反しているサイトやアダルトサイトまたは、
    管理人がそぐわないと判断したサイトはお断りする場合もございますのでご理解をお願いいたします。

    サイト名・・・最新トレンドニュース速報!毎日見ればあなたも情報通♪
    サイトURL・・・http://ecogulo.blog.jp/
    RSSURL・・・http://ecogulo.blog.jp/index.rdf



    【『橋本環奈 奇跡の1枚』についてTwitterの反応】の続きを読む

     暑い日が続いていますが、外を歩いているときに飲み物を買いがてら気軽に涼を得られる場所といえば、そうコンビニですよね。
    最近ではイートインコーナーを設置した店舗も多くなり、いっそう便利になっているコンビニですが、その分コンビニで働くスタッフの負担は増大しているようです。つい最近も深夜にほとんどお客さんが来ない地方のコンビニが、24時間営業している意味があるのか……という話題が報じられましたが、ただでさえ人材不足が叫ばれている日本。
    24時間常にスタッフを配置するのが大変な中、日本の労働環境をサポートしてくれているのが外国人留学生です。いまやコンビニ経営に欠かせない外国人留学生ですが、外国人留学生がコンビニでのアルバイトを選ぶ理由とは? 今回はその点をフォーカスします!

        FullSizeRender

    仕事を通じて、日本語を学ぶ外国人留学生

    セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップのコンビニ大手4社をはじめ、コンビニ各社合わせて、現在コンビニで働く外国人の数は5万人を超えるというデータがあります。その多くは日本語学校や大学に通う留学生。かつては中国からの留学生が多かったものの、最近ではベトナムやネパールから来日している留学生の数が増えている傾向にあるといわれています。
    学費や生活費を稼ぐために留学生がアルバイトをするのは自然な流れですが、コンビニを選ぶのには理由があるようです。
    例えば、まだ日本語に不慣れな留学生の場合、なるべく日本人のお客さんとの会話が不要な倉庫での作業や、食品工場での加工作業、ホテルでのベッドメイキングや清掃業務が人気なのだそうです。
    次に、日本語に少しずつ慣れてきた留学生や、さらに日本語を学びたいという留学生は、アルバイト先としてコンビニを選ぶようです。こうした場合は品出し、商品棚の補充に限らず、おでんの補充やイートイン、マルチコピー機のサポートなど業務内容は多岐にわたります。
    実は留学生の間で、コンビニでバイトしている人をリスペクトする空気感があることをご存じでしょうか。コンビニでバイトできるということは、それだけ日本語が堪能であることを意味することから、日本語をあまり話すことがてきない留学生にとって、尊敬の的らしいですよ!
    何より、日本語がある程度話せる点からレジに立つことも多いのですが、そうした目線でコンビニのレジに立つ留学生を見てみると、釣り銭の計算も早くて間違いがほとんどなく、一生懸命仕事に向き合っていますし、早口で言う「ありがとござました!」の日本語もなかなか堂に入ったもの。私たち日本人も見習う点は多いですね。

        FullSizeRender

    慣れない時期は会話の少ない仕事を選択

    24時間営業であることが、留学生には吉!

    留学生ともなると学費を稼がなければいけないですし、日本で暮らすための生活費も自分で稼ぐという人が多いのが実情です。本来の目的である「勉強の時間」もきちんと確保しなければいけませんが、その一方で働かなければ勉強ができない現実もあります。
    コンビニのように24時間営業の場合、深夜帯の時給が高い時間にシフトを入れられることができるので留学生に高い人気があります。
    また、海外からの留学生の場合は「週に28時間までの労働」に限定されていますので、少ない時間が多く稼げる高時給であることに越したことはありません。
    最近はコンビニの営業時間短縮が話題となっていますが、留学生にとっては深夜帯の時間は貴重な労働機会となっているようです。

        FullSizeRender

    勉強時間の確保も大変です

    受け入れ側の理解も必要に

    日本語を学びながら、将来はグローバルな視野で働こうと希望をもって日本にやってきた留学生の希望や夢を打ち砕くかのように、中には働き手としての人材確保をしたいがために、日本語学校を設立して留学生を囲い込み、グループ会社に派遣する仕組みを作っているところもあるようです。
    また、熱心かつ真面目に働いている留学生を単に外国人だからという理由で、心ない言葉を投げかける日本人客もいるといいます。もちろん、そうした人はごく一部の日本人であると信じたいところですが、留学生のおかげで私たちが普段利用しているコンビニや飲食店などのサービス業が成り立っている部分は多くあります。留学生を受け入れる日本に住むわれわれも、法律や制度、そしてマナーをしっかり見つめ直す機会にきているのかもしれませんね。
    ── さまざまな変化の中で、日本という国が海外からどのように見られるか、日本人として意識していかなければいけない時期にきていることは確かでしょうし、2020年を境に留学生や観光客の数が減る可能性も指摘されています。国籍、言葉、文化の違いを認め合い、尊重しながら、互いに協力しあえる風土を一人ひとりが作っていきたいものですね。

        FullSizeRender



    1 :2019/08/21(水) 20:33:23.75 ID:2hSWJeVs0●.net BE:299336179-PLT(13500)


    (出典 img.5ch.net)

    ■あおられやすい車とは、攻撃されやすい自動車の車種、特徴

    攻撃行動に関する有名な研究が、かつてアメリカの道路上で行われました。

    この実験では、赤信号で先頭の車が止まります。青信号になります。しかしすぐには発進しません。その時に後ろの車がクラクションを鳴らすのかどうかが、攻撃行動の指標(物差し)とされた実験です。

    さて、その実験の結果は、

    まず、小さな車が攻撃されやすい(クラクションを鳴らされやすい)ことがわかりました。小さくて安そうな車は、攻撃されやすいのです。

    実験では、自動車の後ろにライフル銃が積まれているのが見えるようにしておくと、クラクションが鳴らされにくいこともわかりました。

    自動車に怖そうなステッカーが貼ってあると、攻撃行動を受けにくいこもとわかりました。

    人は、どういう相手を攻撃しやすいのか、それは弱い相手(弱そうに見える相手)です。これは、ちょっと情けない結果ですね。

    でも、あなたならどうでしょうか。同じ状況になった時に、会社の社長やどこかの親分が乗ってそうな、大きくて高級な黒い自動車にクラクションを鳴らすでしょうか。

    自動車の横っ腹に「夜露死苦(よろしく)」なんて書いてある派手な改造車にクラクションを鳴らすでしょうか。

    多分、しないでしょう。人間は、そんなものです。

    チューリッヒ生命の最近の調査でも、あおられやすい車は、半数以上が軽自動車、色は白と報告されています。

    白は、全体数が多いのに加えて、大人しそうな色だと判断されるのでしょう。ちなみに、この調査によると、あおりやすい車は黒い車だそうです。

    *上記の研究は、統計的な研究で、「~の人が多い」ということです。中には、大きなトラックにあおり運転をする人もいますが、例外的で、特異な性格の持ち主でしょう。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20190821-00139249/


    【【軽】話題沸騰中の煽り運転事件・・「煽られやすい」車種、判明へ】の続きを読む

    このページのトップヘ